診察券のデザイン2,000点以上|デザイナーズ診察券

DESIGN BLOGデザインと診察券

裏面用予約シールの販売開始

2018.9.3

診察券の裏面用予約シール

歯科クリニックなど予約制でリピート率の高いクリニックでは、診察券の裏面に予約シールを貼っている場合も多いようです。クリニックの利用者が予約した日時を忘れないよう、予約日時をメモして渡すのが予約シールの役割です。デザイナーズ診察券では、この予約シールのご提供をサービス開始当時から見送ってきました。なぜか?それは診察券にシールを貼るという佇まいが「美しくない」という理由からでした。デザイナーズ診察券では、診察券を美しく品質の高いものにすることでクリニックにポジティブな印象を与える、という軸の元に印刷仕様とデザインを選定しているので、シールをベタベタ貼るということがどうしてもその意図に反するため、予約シールをご提供していませんでした。

しかし、診察券はプラスチック製のカードにしたいけれど、予約表が埋まった際のコストは抑えたい、というご要望が思いのほか多く、その思いに応えるべく予約シールについてサイズ、印刷仕様、デザインを検討し、デザイナーズ診察券独自の仕様で予約シールの販売を開始するになりました。

機能的デザインの予約シール

予約シールの見栄えの悪さは、裏面の一部分にシールを貼ることにあります。しかし、裏面全体に貼るシールならば、シールの野暮ったさは解消されます。そこでシールのサイズを82×50mmの全面サイズに決定しました。

予約シールのサイズ82×50mm

コストだけを重視して記入できる枠を必要以上に多くすれば、利用者が予約日時を確認することが大変難しくなります。スタッフが書きやすく、利用者が見やすい。それを基準にいくつかのパターンを比較検証し、16回分の枠でレイアウトしました。合わせて不要なラインやスペースを排除。可能な限りシンプルなデザインでまとめました。

予約シール16回分の枠

印刷色は「黒」ではなく「ブルーグレー」を採用。手書きした文字が見やすいよう配慮しています。

機能的デザインの予約シール

デザイナーズ診察券オリジナルの「予約シール」は、事務的な消耗品でありながら、スタッフと利用者の利便性に配慮した、機能的デザインの予約シールです。予約シールは診察券と同時に注文できます。もちろん予約シールのみでの注文も可能です。ぜひ、ご利用ください!

診察券裏面の予約シールの詳細へ

ブログライター

WRITER

ながしま 明

いつくかのデザイン事務所勤務を経て、2006年有限会社デザインウルフを設立。多くの企業の商品やサービスについてブランディング、販促活動をデザインにてサポート。ロゴ、WEB、印刷、映像、コピーと職種を超えるマルチクリエイター。