診察券のデザイン2,000点以上|デザイナーズ診察券

DESIGN BLOGデザインと診察券

ポップでかわいいデザイン診察券

2021.1.28

ポップでかわいいデザイン診察券

「かわいい」それは現在の日本において最も流通している褒め言葉です。「かわいい」は、子供や若い女性など小さくて幼いものに対して使われる形容詞ですが、現在ではあらゆる物事に対して「かわいい」が使われています。少し前までは、若い女性があまり語句を知らないために「何でもかんでも使う言葉」というイメージでしたが、いまでは若い男性、そして年配の人でも日常的に使う形容詞となっています。いわゆるコミック系文化の輸出で、海外のコミック・アニメファンから「kawaii」というのが流行っているようなので、「かわいい」という感情と価値観は日本特有の文化なのかもしれません。何はともあれ多くの日本人は「かわいい」という価値観が根付いていて、美しい、素晴らしい、共感する、といった言葉の代わりに「かわいい」と表現しています。「かわいい」とはつまり「GOOD」のこと。診察券のデザインも「GOOD」の方がいいに決まっています。今回はデザイナーズ診察券にたくさんあるデザインの中から「ポップでかわいいデザイン」をピックアップしてご紹介します。

ポップでかわいいデザイン診察券01_1

木のイラストが特徴の診察券のデザインです。可愛らしい木には、葉にも実にも思える2色の装飾が散りばめられています。全体の色をパステルカラーでまとめ、清潔感があってほんわかとする印象を感じることでしょう。シンプルで子供も好きそうなこのデザインなら、おそらく見る人のほとんどが「かわいい」と思ってくれるはず。リラックスして気軽に寄ってほしい、と考えているクリニックにピッタリなデザインです。サンプルには「歯科」とありますが、科目を限定せず広く使えるデザイントーンです。

ポップでかわいいデザイン診察券01_2

ポップでかわいいデザイン診察券01_3

このデザインNo.はS_261〜270です。カラーバリエーションと共に診察券のデザイン一覧デザイン特集:自然と植物の診察券に掲載しています。ぜひ、ご覧ください!

ポップでかわいいデザイン診察券02_1

こちらは犬と猫をマークのようなイラストで表現したデザインです。子犬や子猫をイメージさせるミニマムなイラスト表現。リズム感のある配色で、明るく可愛らしい雰囲気をつくりだしています。デザイン自体はとてもシンプルなので、複雑に情報を盛り込んだ診察券よりもはるかに印象に残る診察券です。

ポップでかわいいデザイン診察券02_2

ポップでかわいいデザイン診察券02_3

このデザインNo.はC_721〜730です。カラーバリエーションと共に診察券のデザイン一覧デザイン特集:動物病院の診察券に掲載しています。ぜひ、ご覧ください!

診察券は大切なデザインアイテム

診察券はとっても小さなデザインアイテムですが、利用者が自宅や職場に持ち帰って持ち続けるため、クリニックの印象を定着させる重要な役割を担っています。もちろん、受付時間や電話番号などのクリニックの情報がWEBを検索しなくてもすぐにわかようにする情報伝達の目的がありますが、そのデザインによってクリニックのイメージが違ったものになることも見逃せない事実です。デザイナーズ診察券では、クリニックの印象がポジティブになるよう、積極的に診察券のデザインに取り組んでいます。クリニックの印象をポジティブにするために、ぜひご利用ください!

ブログライター

WRITER

ながしま 明

いつくかのデザイン事務所勤務を経て、2006年有限会社デザインウルフを設立。多くの企業の商品やサービスについてブランディング、販促活動をデザインにてサポート。ロゴ、WEB、印刷、映像、コピーと職種を超えるマルチクリエイター。