診察券のデザイン2,000点以上|デザイナーズ診察券

DESIGN BLOGデザインと診察券

花と植物の診察券

2018.8.13

花と植物の診察券

デザイナーズ診察券では2,000点以上の豊富なデザインをご用意しています。(2018年8月現在)デザインの基軸としてあるのは「ポジティブに見える」こと。診察券がクリニックの印象を左右するデザインツールである以上、クリニックの印象をバックアップするものでなければなりません。明るさ、親しみやすさ、堅実さ、先進さ、柔軟さ、安心感など。利用者がクリニックに抱く印象を「ポジティブ」に定着できるよう、デザイン制作に取り組んでいます。豊富なデザインの中から、本ページでは花と植物をモチーフにしたデザインをご紹介したいと思います。

花の写真を使った診察券

花の写真を使った診察券01

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_782」です。

花というと子供っぽいイメージを持つ人もいるかと思いますが、この診察券のように黒バックの中に象徴的に花を配置すれば、ぐっとエレガントな大人の装いに。右半分を白地にすることで、すっきりとした清潔感のあるデザインに仕上がっています。

花の写真を使った診察券02

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_785」です。

花の写真にも色々なトーンがあります。そのトーンを使い分けることで、目指すイメージを上手に定着させることができます。例えば、ナチュラルで少ししっとりとした湿度のある花の写真を使えば、見る人もとても「しっとり」した気分に。心療内科など「落ち着いた印象」を求めるクリニックに最適です。

花の写真を使った診察券03

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_759」です。

花の写真を使った診察券04

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_760」です。

植物の写真を使った診察券

植物の写真を使った診察券も、使う写真のトーンによって少し印象が違ってきます。それでも、色味がグリーンであることと自然界がモチーフであるために、優しく落ち着いた雰囲気を演出できるのは、どのトーンでも共通して言えることです。

植物の写真を使った診察券01

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_756」です。

植物の写真を使った診察券02

↑ この診察券のデザインのナンバーは「S_049」です。

植物の写真を使った診察券03

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_1061」です。

植物のイラストを使った診察券

同じように植物がモチーフでも、イラストやマークを使ってデザインされると雰囲気がひと味違ってきます。ポップで爽やか、明快な雰囲気に仕上がります。イラストのデザインの方が、写真を使ったものに比べて対象が広くなる気がします。子供から大人まで、利用者の年齢層が幅広いクリニックには、イラストで表現されたデザインがお薦めです。

植物のイラストを使った診察券01

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_901」です。

植物のイラストを使った診察券02

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_908」です。

植物のイラストを使った診察券03

↑ この診察券のデザインのナンバーは「C_1397」です。

いかがでしょうか?花や植物…というと当たり障りのないモチーフでパンチに欠けると思ってしまいがちですが、本ページでご紹介したデザインは、どれもしっかり個性があっていい雰囲気ではないでしょうか?

ブログライター

WRITER

ながしま 明

いつくかのデザイン事務所勤務を経て、2006年有限会社デザインウルフを設立。多くの企業の商品やサービスについてブランディング、販促活動をデザインにてサポート。ロゴ、WEB、印刷、映像、コピーと職種を超えるマルチクリエイター。