診察券のデザイン2,000点以上|デザイナーズ診察券

DESIGN BLOGデザインと診察券

シンプルなのにデザイン?

2019.12.20

診察券:シンプルなのにデザイン?

皆さんは「デザイン」についてどんなイメージを持っているでしょうか。一風変わった独特なもの、センスのある人がつくった特別なもの、そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、正確にはそうではありません。広い意味で考えれば、グラフィックデザインはプロフェッショナルにお金を払って手に入れることのできるものだけではなく、生活の中にありとあらゆる形で存在しています。凝っているか、凝っていないか。センスがあるか、センスがないか。デザインの定義はそのようなことではありません。

何も手を加えてないように見えるデザイン

デザインについての大きな誤解は、デザインは「複雑に入り組んだもの」という先入観から生まれています。例えばクリニックのシンボルとなるロゴでは、デザインについて理解の浅い人の場合、簡単な形状ではなく複雑でつくることが難しく思えるような変わった形状のものを「いい」とする傾向があります。例えば音楽でも、複雑な音楽とシンプルな音楽、難解な音楽とわかりやすい音楽があるように、凝っているように見えるか凝ってないように見えるかは、それがデザインであるかどうかとはまったく関係ないのです。

例:シンプルなポスター

この写真には、壁に白いポスターが飾ってあります。このポスターのデザインは「白い紙に何も印刷しない」というデザインです。え?そんなデザインってあるの?と言われそうですが、何もレイアウトしないという選択もデザインの重要な要素です。少々極端な例ですが、こういうデザインもあるのです。この真っ白なデザインを考えるのに、デザイナーが使った時間は数日かもしれないし、たったの1分かもしれません。しかし実際の制作は「何もしない」ので、制作時間はゼロということになります。つまり、時間をかけて制作したかどうかも、デザインかどうかとはまったく関係ないのです。

いいデザインと悪いデザイン

凝っている、複雑な形状、時間をかけて制作している。それらはデザインの定義とは因果関係がありません。デザインには建築、ファッション、商品と分野によって特性が異なりますが、グラフィックデザインも他の分野と同様にアート(芸術性)の要素も含まれます。グラフィックデザインとアートは、同じように平面上で表現されるものですが、現代においてグラフィックデザインとアートの違いは「そのものが主役かそうでないか」と考えるととても理解しやすいです。アートはそれ自体が主役であり商品です。グラフィックデザインの場合は、商品をアピールする、サービスを説明する、事業の印象を定着させる、といった具合に主役である何かをサポートする役割を担う場合がほとんどです。デザイナーに高額なデザイン料を払ってつくるデザインでなくても、契約書や説明書、店舗の前に置く手描きの看板、挨拶状や年賀状も立派なグラフィックデザインです。

グラフィックデザインは、役割を持って制作されるものです。だから、グラフィックデザインの優劣の基準は「役割を果たしているかどうか」ということになります。センスがあるとかないとか、凝っているとか凝っていないとか、そういったことよりも役割をきちんと果たすデザインが「いいデザイン」と言えます。

診察券では、多くの場合以下のような目的を持っています。

  • クリニックのイメージ向上
  • 他のクリニックとの差別化
  • クリニックの情報を伝える

シンプルデザインの魅力

デザイナーズ診察券で用意しているサンプルデザインは、とてもシンプルなものが多いことに気づいた方も多いと思います。「シンプル イズ ベスト」という言葉がありますが、シンプルなデザインには素晴らしいメリットがあります。

  • 印象(インパクト)が強い
  • 情報がわかりやすい
  • 記憶に残りやすい
  • 清潔感がある

もちろん、メリットはこれだけではありません。シンプルなデザインは診察券の役割を果たす必要な条件が揃っています。ただし、シンプルなデザインは、構成する要素が少ないため、完成度を高めるためには想像以上に技術が必要になります。ちょっとしたサイズの違い、ちょっとした位置の違い、ちょっとしたカラーバランスの違いで、大きく印象が変わってしまうのが「シンプルなデザイン」です。複雑なデザインの場合ではわかりにくかったバランスの悪さも、シンプルなデザインではそうはいきません。シンプルなデザインは、我々デザイナーにとってはハードルの高い仕事と言えるでしょう。

例:シンプルな診察券01
例:シンプルな診察券02

シンプル、というのはデザイナーズ診察券を運営するデザインウルフのデザインポリシーでもあります。シンプルなデザインには、様々な課題を解決する力があります。診察券やWEBを制作する際に、「シンプル」を基準に考えてみてはいかがでしょう。

シンプルなデザインの診察券

ブログライター

WRITER

ながしま 明

いつくかのデザイン事務所勤務を経て、2006年有限会社デザインウルフを設立。多くの企業の商品やサービスについてブランディング、販促活動をデザインにてサポート。ロゴ、WEB、印刷、映像、コピーと職種を超えるマルチクリエイター。